【ニチコン】蓄電池12kWh『ESS-U2L2』の価格相場は?補助金や特徴を業界プロが徹底解説

ニチコンの蓄電池『ESS-U2L2』12kWhは単機能の蓄電システムです。蓄電容量は大容量の12kWhで単機能蓄電システムなので、大きな蓄電容量を、できるだけ安く設置したい方に人気のある蓄電池です。

大容量の蓄電池を安価に設置するのであれば、見積もりに加えたい機種になります。


ソーラー蓄電池通信ごあいさつ

蓄電池の価格は大切ですが、ネット広告など【業界最安値などにおどらされて】肝心の蓄電池選びや設置工事、アフターメンテナンスなどで失敗してはなんの意味もありません。

特に見積もりサイトは、価格はそこそこ安かったけど、商品知識・工事内容が問題な会社が数多くみられます。一番安い販売会社=良い会社、良い提案ではありません。

見積もりサイトは、通常3社〜5社の太陽光発電・蓄電池の営業会社が激しい価格競争にさらされています。

そのため最近では、優秀な販売店は複数社の見積もりサイトに参加しない会社も増えてきました。

ソーラー蓄電池通信では、すべてのご相談を業界経験12年以上のプロが対応しています。太陽光発電、蓄電池を知り尽くしたプロが全国対応で無料でお客様目線でサポートしていますので、ぜひ違いを感じてください。

全ての相談を業界プロが対応し、メーカーや地域を考え厳選1社が見積もりをおこないます。

他社見積もり中でも歓迎です、相場価格や蓄電池のことを簡単すぐにわかります。お気軽にご相談ください。

業界プロに相談する

目次

ニチコン蓄電池の補助金

蓄電池の設置には、都道府県や市町村などの自治体から補助金を受け取れる場合があります。どうせならしっかりともらいたいですよね。

補助金がいくらもらえるか?地域や機種によって変わりますので、興味があれば無料見積もりで検討してみてはいかがでしょうか。

【東京都】蓄電池の補助金『自家消費プラン』

東京都は都から最大42万円の補助金があり、その他使える補助金を合算すると非常に大きな金額になります。国や市区町村の情報もご紹介しています。

業界プロに相談する

『ESS-U2L2』の蓄電池メーカーは

『ESS-U2L2』の蓄電池メーカーは

ニチコン株式会社です。

ニチコンの家庭用蓄電池の製品ラインナップは、蓄電池の容量や単機能タイプ/ハイブリッドタイプ・全負荷/特定負荷によって多彩な組み合わせでシステムを設置できます。

また、電気自動車と家をつなぐ蓄電システムV2Hも実績があり、「トライブリッドシステム」「パワーステーション」なども評価が高いです。

ニチコン蓄電池12kWh『ESS-U2L2』の性能

ニチコン蓄電池12kWh『ESS-U2L2』仕様

蓄電池
外形寸法
W 1060 x H1250
x D 300mm
リモコン
外形寸法
W 170 x H140
x D 23.1mm
蓄電池ユニット
質量
226kg
リモコン320g
蓄電池定格蓄電池容量
12kWh
(初期実効容量
10.3kWh)
系統連系
運転時定格
定格出力
3.0kW
蓄電ユニット
自立出力定格
最大出力
2.0kW
定格出力
可能時間
自立出力時
320分
系統連系時
195分
設置場所屋外設置
設置可能
温度範囲
-30℃〜40℃
運転可能
温度範囲
-20℃〜40℃
運転可能
温度範囲
(リモコン)
0℃〜40℃
希望小売価格
(税抜)
¥3,700,000

ニチコン蓄電池12kWh『ESS-U2L2』の特徴

寒さに強い蓄電池NO.1

屋外設置の蓄電池『ESS-U2L2』は-20℃でも運転可能

ニチコン蓄電池『ESS-U2L2』は、家庭用蓄電池の中でいちばん寒さに強い機種です。蓄電池は過度に気温が下がると運転が止まります。

この機種の運転可能温度は-20℃なので、寒さの厳しい地域の設置でも安心できる蓄電池だと言えます。

停電の時は特定の場所だけ電気が使えます

特定負荷型の蓄電池で、停電時にはあらかじめ決めた場所だけ電気が使えます。

停電の時に太陽光発電を自立運転に切り替える

停電の時に、太陽光発電を通常運転の連携から、自立運転に切り替える必要があります。停電時に慌てないように事前に太陽光発電の説明書などを確認しておきましょう。

15年の長期保証で安心

ニチコン蓄電池『ESS-U2L2』は15年の長期保証です。蓄電池はメーカや機種によって保証期間が違います。10年保証や15年保証が多く15年の保証は、他とくらべても長期にわたる保証の期間です。

リモコンの保証期間は5年なので注意しましょう。

【ニチコン】蓄電池12kWh『ESS-U2L2』まとめ

寒い地域にお住まいで、安く大容量の蓄電池を設置したい方には、ぴったりの蓄電池です。単機能システムなので、太陽光発電のパワーコンディショナーがそのまま残るので比較的新しい太陽光発電システムに向きます。

太陽光発電システムの設置年数が10年近い場合には、ハイブリッドの蓄電池と合わせて比較見積もりがおすすめです。

業界プロの無料サポートで、価格や蓄電池のことが簡単にわかります。気軽にご相談ください。

業界プロに相談する

  • URL Copied!
目次
閉じる