『ニチコン単機能蓄電システム』12kWh【ESS-UL1】

ニチコン株式会社
単機能蓄電システム 12kwh ESS-UL1

メーカー:ニチコン株式会社 型式 蓄電池容量 設置場所
単機能蓄電システム  ESS-UL1 12kwh 屋外用
単機能蓄電システム12kwhの評価
蓄電池の容量
(3.5)
価格(コスパ)
(3.0)
停電時・通常時の性能
(2.5)
期待寿命
(3.0)
メーカー保証
(3.0)
総合評価
(3.0)
総合評価は3.0点です。理由はニチコンのハイブリッドタイプの12kWhが優秀なためです。

この蓄電池は蓄電容量12kWhです。
ニチコン家庭用蓄電池は、ハイブリッドタイプの12kWhが人気の機種ですが、こちらでご紹介する蓄電池は、単機能タイプですのでお間違えなきようご注意を。

−30度の酷寒地での使用も可能、北海道や東北地方の方におすすめします。

蓄電池容量

蓄電池12kWhの容量は、他メーカーと比較しても大容量と言えます。(ニチコンで一番大きい家庭用蓄電池は16.6kWhです)

12kWhの蓄電池だと、余裕を見て蓄電池容量を考えたいご家庭ではちょうどいいかも知れません。

ただしニチコンのハイブリッドタイプの蓄電池も同じく12kWhなのでじっくり比較したいところである。

ニチコン単機能蓄電システムの価格 12kWh【ESS-UL1】

 

競合他社の関係上と価格の変動があるため、実売価格の公表は差し控えますがお気軽にお問い合わせください。

ニチコン蓄電池の相場を問い合わせする

 

蓄電池の電話勧誘は危険!注意してください

知らない会社から、突然電話があり「蓄電池の価格を今なら50万円値引きします」なんて勧誘されたり、知らない会社から「封書」にて売電のこと、蓄電池についての案内が一部あるみたいです。

会社によっては、非常に割高な価格で販売されているケースも聞いていますので、蓄電池購入検討時には、後悔のないように適正価格のチェックをしてください。適正価格のチェックはこちら

停電時・通常時の性能の評価

停電時の動き ニチコン 家庭用蓄電システム 12kWh【ESS-U2L1】

停電時、蓄電池はあらかじめ決めた特定の回路に流れる特定負荷型です。

特定負荷型の蓄電池が停電時に、1回路もしくは2回路など特定の回路に電気を流します。

停電時、蓄電池からの電気は通常は冷蔵庫につなげます。

停電の時にどの電気機器に蓄電池からの電気を流すのか?冷蔵庫は食料を保存するにあたり非常に重要な役割をするので、ほとんどの方は、冷蔵庫を含んだ回路を選択されます。

北海道の酷寒地域の設置にも対応

一般的に蓄電池は寒冷地の屋外設置だと気温の低下により、蓄電池が停止したり実際に使用できる蓄電容量が少なくなるなどしていましたが、 ニチコン 単機能家庭用蓄電池の12kWhは屋外設置の−30度の酷寒でも使用できるため北海道や東北地方の方にも安心して設置していただけるようになっています。

ニチコン 家庭用蓄電システム 通常時の動き

晴れの日中 太陽光発電から蓄電池に充電できます。

雨の日中 太陽光発電の発電量が足りない時には、蓄電池の電気を使います。

太陽光発電システムが大容量の場合は、余った電気を蓄電池に貯める際大きな電気を充電できるので、ソーラーの電気を最大限活用できます。

ニチコン 家庭用蓄電システム 運転モード

運転モードはグリーンモード経済モードの2種類です。

おすすめするモードは、お客様の状況によって変わってきます。

グリーンモードは、売電価格が電気の単価と比較して安い場合は無理に売電せずに、ソーラーの余った電気を蓄電池にためて電気が必要なタイミングで蓄電池から電気を使用すると電気の購入を抑えられます。

経済モードは、高い売電価格の太陽光発電を稼働している方、固定買取終了の10年経過以降は売電価格が下がりますので、蓄電池に電気をためることを優先するグリーンモードにしましょう。

ニチコン 単機能蓄電システム12kwhの期待寿命と保証

ニチコン単機能蓄電システム12kwhの期待寿命は星3つです。

本体の保証期間は15年です。リチウムイオン蓄電池は緩やかに劣化していきますが、15年保証は安心です。

リモコンの保証期間は5年です。10年ではないので注意してください。

サイクル数

蓄電池の耐用年数の指標であるサイクル数は公表されていません。

ニチコン 単機能蓄電システム 12kWhの総合評価

星2.5の評価となりましたが、酷寒地仕様では屋外設置型の家庭用蓄電池では一番だと言えます。

北海道・東北地方のあなたは、検討に値する蓄電池だと言えます。

おすすめできるのは、太陽光発電のシステム容量が大きい・冬の酷寒地域の停電の対策にピッタリな大容量な蓄電池です。

ニチコン蓄電池の適正価格が知りたい方はこちら

蓄電池スピード診断(入力1分)