シャープ『クラウド蓄電池一覧』価格・補助金・機種比較を業界プロが徹底解説

シャープの蓄電池「クラウド蓄電池システム」は、13kWh・9.5kWh・8.4kWh・6.5kWh・4.2kWhの多くの製品ラインナップがあります。

最新の機種は、9.5kWh(JH-WB2021)ですが、最新機種にこだわらずご家庭に合うものを選ぶことをおすすめします。

現在シャープ製の太陽光発電をすでに設置しているなら、シャープ製の蓄電池から選ぶことをおすすめします。

ソーラー蓄電池通信は、最前線で12年以上活躍した業界プロが蓄電池選びのあんしんサポートをしています。

蓄電池のおすすめや最新の適正価格は、簡単にわかりますのでお問い合わせください。

業界プロのあんしんサポートを受ける【無料】

目次

【シャープ】蓄電池ラインナップ

JH-WB1921 容量6.5kWh/13kWh

シャープの蓄電池で、1番大きな蓄電容量が13kWhです。

【JH-WB1921】6.5kWhの蓄電池を2台設置もしくは、【JH-WB1711】6.5kWhの蓄電池を2台設置することで13kWhの大容量を実現します。

JH-WB1921 x 2台6.5kWh x 2
蓄電容量13kWh
JH-WB1711 x 2台6.5kWh x 2
蓄電容量13kWh

形名JH-WB1921
公称容量(定格容量)6.5kWh(6.3kWh)
バッテリーリチウムイオン
対応蓄電池モジュールJH-AB06×2
設置場所屋外・屋内兼用
動作温度-10℃〜+40℃
外形寸法(幅×奥行×高さ)560×320×575mm
重量74kg
接続可能なパワーコンディショナーJH-55KF4・JH-42KT2・JH-55KT3
必要な蓄電池ケーブルJH-YB102 / JH-YB202

シャープのJH-WB1921は6.5kWhと増設13kwhの蓄電池です。

JH-WB1921は設置場所が、屋内・屋外兼用ですが、屋内設置では別途レールなども必要なため、屋外に設置するのがおすすめです。

停電の時には、蓄電池用コンバータを設置することで全負荷バックアップに対応します。他の機種でもコンバーター(必要部材)を設置することで、全負荷型の対応が可能です。(一部モジュールは不可)


JH-WB1711 容量6.5kWh/増設時13kWh

形名JH-WB1711
公称容量(定格容量 )6.5kWh(6.3kWh)
バッテリーリチウムイオン
対応蓄電池モジュールJH-AB05 × 2
設置場所屋内用
動作温度-10℃ ~ +40℃
寸法(幅×奥行×高さ)520×263×500mm
接続可能なハイブリッドパワーコンディショナJH-55KF4B/JH-55KF4/42KT2B/55KT3B/42KT2/55KT3/42JT2/55JT3/42HM2P/55HM3P
必要な蓄電池ケーブルJH-YB102/JH-YB202

JH-WB1711は屋内設置専用の蓄電池です。

塩害地域、敷地が狭い場合には、屋内設置タイプの蓄電池を検討しましょう。

シャープの蓄電池に詳しいプロに相談する


JH-WB2021 容量9.5kWh

最新機種が「9.5kWh」の蓄電池です。8.4kWhと9.5kWhで選択肢が広がりました。

この機種が発売されるタイミングでモニタの表示に、蓄電池の残量が、どれくらい保つか「めやす時間」が表示されるようになりました。

形名JH-WB2021
公称容量(定格容量)9.5kWh(9.3kWh)
バッテリーリン酸鉄リチウムイオン
対応蓄電池モジュールJH-AB07×3
設置場所屋外・屋内兼用
動作温度-10℃〜+40℃
外形寸法(幅×奥行×高さ)560×470×685mm
重量120kg
接続可能なパワーコンディショナーJH-55KF4・JH-42KT2・JH-55KT3
必要な蓄電池ケーブルJH-YB102 / JH-YB202

シャープ「クラウド蓄電システム」9.5kWh

「JH-WB2021 9.5kWh」は、蓄電池の底面にネジ穴がない構造したことで地上500mmまでの水位でも水が入りにくい構造になっています。

河川の近くで、浸水の災害が心配な場合には、浸水災害の対策済みの「9.5kWhの蓄電池」をおすすめします。

他の特徴は、全負荷対応、停電時、モニターに蓄電池の電気が、あとどのくらい使えるか、めやすの時間が表示されます。

ただし、全負荷対応やめやす時間は他の蓄電池でも、組み合わせにより対応可能な場合がありますので、まずはお問い合わせください。

シャープの蓄電池に詳しいプロに相談する


JH-WB1821 容量8.4kWh

シャープの「クラウド蓄電池」のド定番はこの8.4kWhです。急速充電(4.0kW)も対応で高性能です。

形名JH-WB1821
公称容量(定格容量 )8.4kWh(8.0kWh)
バッテリーリン酸鉄リチウムイオン
対応蓄電池モジュールJH-AB04 × 4
設置場所屋外・屋内兼用
動作温度0℃ ~ +40℃
寸法(幅×奥行×高さ)700×360×605mm
接続可能なハイブリッドパワーコンディショナJH-55KF4B/55KF4/42KT2B/55KT3B/42KT2/55KT3/42JT2/55JT3
必要な蓄電池ケーブルJH-YB101/JH-YB201

急速充電対応のクラウド蓄電池の一番の売れ筋スタンダードモデルです。

設置場所は、基本的には屋外の設置ですが、別途屋内設置用のレールを購入することで屋内設置も可能です。

屋内設置は6.5kWh【JH-WB1711】のクラウド蓄電池を検討することをおすすめします。

JH-WB1821は、急速充電に対応しており充電が4.0kWに対応します。晴れ間が少ない時でも短時間でしっかりと充電してくれますので、大きなシステム容量の太陽光発電を設置されている方におすすめします

シャープの蓄電池に詳しいプロに相談する


JH-WB1621容量4.2kWh

シャープ「クラウド蓄電池」の中で、いちばん小さな蓄電容量です。

形名JH-WB1621
公称容量(定格容量 )4.2kWh(4.0kWh)
バッテリーリン酸鉄リチウムイオン
対応蓄電池モジュールJH-AB04 × 2
設置場所屋外・屋内兼用
動作温度0℃ ~ +40℃
寸法(幅×奥行×高さ)500×360×605mm
接続可能なハイブリッドパワーコンディショナJH-42KT2B/55KT3B/42KT2/55KT3/42JT2/55JT3/42HM2P/ 55HM3P/42GM2P/55GM3P
必要な蓄電池ケーブルJH-YB101/JH-YB201

JH-WB1621の蓄電容量は4.2kWhです。小さな容量で本当に大丈夫か?しっかりと考えることをおすすめします。

家庭用蓄電池の容量は、ここ数年で大きな容量が選ばれることが多くなってきました。意外と中型(6.5〜7kWh)くらいの蓄池でも、4.2kWhとそんなに価格差もなく安く設置できるようになりましたので、比較見積もりをしてみましょう。

JH-WB1621は、お一人暮らしの方や災害時の停電の時に少し補助的に非常用電源が欲しい人限定でおすすめする家庭用蓄電池です。

シャープの蓄電池に詳しいプロに相談する


シャープ蓄電池(クラウド蓄電池)の補助金

蓄電池の補助金(助成金)は国・都道府県・市町村の自治体やSii一般社団法人環境イニシアチブなどがあります。

蓄電池の補助金は人気で申請期間より早く、予算が終了になることが多く事前の情報収集と早めの行動が大切です。補助金をもらう可能性を上げるために、お早めのお見積り・ご相談をおすすめします。

Sii一般社団法人環境共創イニシアチブの蓄電池の補助金『災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金』

予算を超過したため7月21日受付分をもって交付申請の受付を終了しました

シャープの蓄電池は補助金対象!?

Sii一般社団法人環境共創イニシアチブに登録されている蓄電池なので『災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金』の対象機種です。

都道府県の蓄電池の補助金情報

東京都・神奈川県など都道府県の補助金情報を一部ご紹介します。

他の自治体にお住まいの最新の補助金情報はお問い合わせいただくか、各自治体までご確認ください。

【東京都】『自家消費プラン』

シャープの蓄電池は最大42万円の蓄電池の補助金を受け取れます。お申込みが殺到していますので、お早めのご相談・お見積りをおすすめします。

【神奈川県】蓄電池の補助金『令和2年度神奈川県蓄電システム導入費補助金』

補助金のお申込が多数あり11月16日(月)に終了しました

補助率補助上限
住宅用補助対象
経費1/3
上限15万円
太陽光2kW
未満7.5万円
事業所用補助対象
経費1/3
1)200万円
産業用蓄電
システム
2)導入する
蓄電システム×
15万円
複数台

クラウド蓄電池のメーカーは

蓄電池のメーカーは

シャープ株式会社です。

1959年から太陽電池の開発に着手、1963年には太陽電池の量産化、1994年に住宅用太陽光発電システムを商品化しました。日本の太陽光発電の産業を長期にわたって支えている太陽光発電のリーディングカンパニーです

アドバイザー

12年以上前に奈良県天理市まで、太陽光発電の研修に行って
色々と1から太陽光発電システムのことを教えていただいた。
大変お世話になっている大好きなメーカーです。

シャープ蓄電池のおすすめコメント

クラウド蓄電池 機種コメント
蓄電池4.2kWh
【JH-WB1621】
容量が少なすぎる
のでよく考えて
蓄電池6.5kWh
【JH-WB1721】
屋内設置タイプで
おすすめ。在庫希少
お早めに
蓄電池8.4kWh
【JH-WB1821】
屋外設置タイプで
急速充電対応
総合的におすすめ
全負荷対応も可能
蓄電池6.5kWh
【JH-WB1921】
バランスの良い
ミドルタイプ
13kWhに増設可能
全負荷対応も可
蓄電池9.5kWh
【JH-WB2021】
NEW
浸水に強く大容量
全負荷対応も可

シャープ蓄電池のおすすめ機種は?

シャープのクラウド蓄電池を比較して、一番のおすすめは8.4kWh【JH-WB1821】です。理由は4.0kWhの急速充電に対応して比較的価格もお得に設置できるためです。

もちろんご家庭の状況によっておすすめする機種は変わりますので、ご相談・お問い合わせください。


シャープの蓄電池に詳しいプロに相談する

8.4kWh【JH-WB1622】は急速充電には対応できません

太陽光発電システムのパネルがNQ-209LW・NQ-134LW・NQ-260LW・NQ-190AA・NQ135AA・NQ-195AA・NQ-138AA・NQ-198AC・NQ-140AC・NQ-56S4W・NQ-31S4W・NQ-123LA・NQ-W2A1A・NQ57S4B・NQ32S4Bの場合は8.4kWhの蓄電池を設置する場合は、8.4kWh【JH-WB1622】になりますのでご注意ください

シャープクラウド蓄電池まとめ

シャープの太陽光発電を設置しているなら、蓄電池もシャープで間違いなしです。

「クラウド蓄電池」なら、種類が多いのでご家庭にぴったりな蓄電池が選べます。

価格のこと、補助金のこと、蓄電池選びのこと、迷ったり心配になったら、いつでもご相談ください。

ソーラー蓄電池通信は、最前線で12年以上活躍した業界プロが蓄電池選びのあんしんサポートをしています。

シャープの蓄電池に詳しいプロに相談する

  • URL Copied!
目次
閉じる