サンヨー製SANYO太陽光発電が故障したら、修理と蓄電池どっちがお得

サンヨー(SANYO)製太陽光発電が故障したら修理と蓄電池どっちがお得

「サンヨーの太陽光」SANYOのメーカーは、なくなってしまったけど、我が家の屋根には、SANYO製の太陽光発電が今日も元気に発電していてタダの電気を使っているよって方多いと思います。最後まで問題なく使えると良いけど、忘れたころにやってくるのが太陽光発電システムの故障です。

その時あなたができることは次の3つ

放っておく 修理する 蓄電池を検討する

パワーコンディショナー交換
SANYO製パーワーコンディショナーの交換
S様邸(神奈川県)

この記事を見ていただくと、太陽光発電が故障した際に、放っておく・修理する・蓄電池を検討する、それぞれのメリットとデメリットがわかります。

ソーラー蓄電池通信では、太陽光の修理や蓄電池の検討などの無料相談をおこなっております。ご相談はすべて10年以上の業界経験者のプロが対応しており、全国の太陽光・蓄電池のパートナー企業様のご協力により北海道から沖縄県までのご対応が可能です。

太陽光・蓄電池のお困りごとのお力になります。お気軽にお問い合わせください。

地元の安心価格の確認と蓄電池のプロに相談する
太陽光の修理
見積もりをする

 

サンヨーの太陽光発電は故障したら、もう寿命?そろそろ太陽光も終わり?

もう太陽光発電を設置してから、10年以上経過してからの故障だし、そろそろ太陽光も寿命だと考える方もいると思いますが、せっかく立派な太陽光を設置したのに、わずか10年ほどで使えなくなるなんて、もったいないです。

まずは太陽光発電システムの故障の原因をしっかりと見極めましょう。

地元の安心価格の確認と蓄電池のプロに相談する
太陽光の修理
見積もりをする


太陽光発電は故障しても放っておく

今この記事を見てくださっている方は、故障しても放っておくなんてそんな考えはないと信じたいですが・・。

故障の内容が屋根の上のパネルから、モクモク煙でも上がるような重大な状況の故障だとご近所さんもご自身も放っておくようなことはないと思いますが、実際は気がついたら発電が減っていた(止まっていた)ということがほとんどだと思います。

毎月どれだけ発電してくれて◯◯◯◯円、毎月電気代の削減に貢献しているなど日々の実感がないと、修理や蓄電池により、余計にお金が掛かるだろうと想像し対処を先延ばしにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


見積りは無料まずは故障の状況確認を

太陽光発電システムの修理は高い!?そんな勝手なイメージ持っていませんか。

実際、屋根の上のパネル交換で足場代などもかかって高額な修理になる場合もありますが。

雷などで太陽光のブレーカーが落ちている場合や長い間使用している機器の交換時期(メンテナンスの時期)がやってきている場合などさまざまです。

まずはどのような状況にあり、どのような対処がおこなえるかをすぐに状況確認をすることをおすすめします。今すぐ現状の確認するぞと、間違ってもご自身で屋根に登ることなどないようお願いいたします。

地元の安心価格の確認と蓄電池のプロに相談する
太陽光の修理
見積もりをする


太陽光の故障を放っておく
メリット・デメリット

メリット

正直太陽光発電システムが故障しても放っておいてもメリットはないです。それでも放っておくケースとしては、屋根自体に問題があり屋根の葺替えの時に撤去や新しく太陽光発電システムを買い換える場合が考えられます。

故障を、ただ放っておくのではなく故障の原因をしっかりと確認した上で今後の方針を決めることをおすすめします。

デメリット

もともとは軽微な故障であっても、放っておくことで経年劣化が進み重大な故障につながることも考えられます。長期間発電しないのであれば、ブレーカーなども落としておいた方が安全です。素人の判断で放っておくのではなく、しっかりとプロにみてもらって現状の説明を受けた上でご判断されることをおすすめします。
太陽光・蓄電池のお困りごとのお力になりますので、お気軽にお問い合わせください。

地元の安心価格の確認と蓄電池のプロに相談する
太陽光の修理
見積もりをする


太陽光の故障を修理する
メリット・デメリット

メリット

まず最初にメーカーの保証期間が残っており無料で修理できる場合には、考えるまでもなく無償修理をおこないます。次に設置から年数が経っており有償の修理になる場合には、しっかりと現状を確認した上で判断していくことなります。代表的な太陽光の修理は、パワーコンディショナの交換やパネルのバイパス処理などがあります。

修理は蓄電池の設置と比べると安いですが、それでも何十万単位になる場合がほとんどです。修理の費用が安いかどうかは、故障場所とそれによって今後期待できる便益によって変わります。設置費用で言えば修理は蓄電池よりも安いですが、蓄電池による太陽光のバージョンアップとハイブリッドパワーコンディショナの設置や保証を考えた上で総合的に判断することをおすすめします。

デメリット

修理の心配なところは保証がないこと、太陽光の修理箇所や修理内容によっては、今後また故障がおきてしまうことも考えられるところがデメリットです。
太陽光・蓄電池のお困りごとのお力になりますので、お気軽にお問い合わせください。

地元の安心価格の確認と蓄電池のプロに相談する
太陽光の修理
見積もりをする

  • 蓄電池を設置する
  • 壊れたら修理する
  • 壊れたらそのままにする

おすすめは、「蓄電池の設置」です。

修理をおすすめしない理由は、修理費用もけっこう高額なケースがあることと、経年劣化により複数箇所の故障になるケースがある。また修理には、長期保証がないため、今後故障を見てもらうのに出張費用や修理費が発生する

そのままにするをおすすめしない理由は
太陽光が止まって修理しないと、出費がゼロだと言う方がいらしゃいますが、そもそも発電が止まる訳ですの、電力会社から購入する電気量が上がり結果電気代は上がるため。

当たり前ですが、経済的に余裕がないという方は、修理や蓄電池を設置する必要はないです。

サンヨーの太陽光パネルの寿命は?

サンヨーの太陽光パネルに限ったことではありませんが、一般的に20年〜30年ほど使用できます。パネル自体はそれ以上発電し続けるらしいですが。

ただし適切なメンテナンスを行わないと、期待寿命は短くなってしまします。例えば車で言うと定期的にオイル交換やタイヤ交換をしますよね。太陽光発電システムは基本的にはノーメンテナンスと言われてまして、短期間で何かメンテナンスがあるわけでは無いのですが(故障がないかぎり)10年を過ぎてくるとそろそろメンテナンスが必要な箇所がパワーコンディショナーです。

サンヨーのパワーコンディショナーのエラーやメンテナンスの注意点

サンヨーのパワーコンディショナーに限ったことではありませんが、一般的に10年〜15年ほど使用できます。製品自体の個体差もあるため中には10年以内で修理(メーカー問わず)することもあるようです。

保証期間内でタダで修理できれば、基盤交換などの修理で対応することをおすすめしますが、保証期間外の場合は、有償の修理になりますので修理はしないほうがいいです。

保証期間外だと、現状を見てもらうだけでも費用が発生する上に、焦って応急処置的な修理に高額な費用がかかることも少なくありません。

蓄電池でパワーコンディショナーを新しくする

サンヨーの太陽光に蓄電池を設置することで、蓄電池に付属するハイブリッドパワーコンディショナーで、太陽光も蓄電池にもパワーコンディショナを対応させます。

割安にパワーコンディショナーが交換出来る上に、太陽光に蓄電池の蓄電する機能まで備えることができます。

サンヨーの太陽光に蓄電池を設置することで、蓄電池はもちろん付属のハイブリッドパワーコンディショナーにも長期間の保証がつきますので、より安心できる選択ではないでしょうか。

サンヨーの太陽光に蓄電池を設置したら、こんなところも便利になりました

表示機器(モニタ)が見やすくなった

現在の発電量がパワーコンディショナーの小さな窓に表示されていて、ほとんど見ていない方も多いと思います。

「私はモニターなんて必要ない、見ないわ」
と言う方でも、畜電池を設置し、最新のモニターになると
「すごい見やすくて良いわぁ」ってなります。

モニターの機能としては、

ご家庭の消費電力が確認できる

過去の発電データ・消費データが確認できる

インターネットに繋がってモニタリングができたり(一部対応蓄電池メーカーの場合)

最新モニターの機器だと、

万が一太陽光が故障した時、お客様による迅速な異常発見により、早期の太陽光発電の復旧が可能になること。
長い期間太陽光を使い続ければ、故障率は上がるはずなので、早期発見・早期復旧をすることで故障期間中の発電ロスを抑えることができます。

ご家庭の消費電力を確認できることで、積極的な節電や省エネ家電の推進にも繋がり、電気代の削減に貢献することなどが考えられます。

 

サンヨーの太陽光発電システムが故障して、なにかしら修理が必要になった場合は、そろそろ我が家も蓄電池のことを考える時期が来たんだということかも知れませんね。

お気軽にご相談ください。

地元の安心価格の確認と蓄電池のプロに相談する
太陽光の修理
の相談をする