【京セラ】蓄電池『Enerezza エネレッツァ』価格相場は?補助金や特徴を業界プロが徹底解説

京セラの蓄電池『エネレッツァ』は、5kWh・10kWh・15kWhの蓄電容量が選べる蓄電池です。

クレイ型で安全性や長寿命が特徴の蓄電池ですが、特定負荷で単機能の蓄電池なので、他メーカーの蓄電池との比較検討をおすすめします。

適正な見積り価格か?補助金がもらえるか?無料でご相談できます。

目次

蓄電池の補助金

令和3年度DER実証事業

令和3年に蓄電池を検討している方に緊急案内です。

令和3年度DER実証事業

蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業の補助金が予定されています。(全ての蓄電池が対象ではありません)

補助金は蓄電池の型式により変わりますが30万円〜66万円ぐらいです。

東京都の補助金

東京都の場合は、都の補助金が最大42万円あり合算すると72万円〜108万円にもなります。また他の地域の方も、蓄電池の補助金が総額いくらになるか案内していますのでお問い合わせしてください。

蓄電池の補助金は、人気で競争が激しいので悩んでいる間にすぐに無くなります。まずお見積りをとって、実際の設置費用(値引き後お見積り価格ー補助金)で検討すると良いですよ。

エネレッツァのメーカーは

蓄電池のメーカーは京セラ株式会社です。

超有名な一流企業ですが、実は生活・環境の売上にしめる割合は5.4%だそうです。太陽光発電を京セラで設置している方はエネレッツァと他の蓄電池と比較検討する方も多いです。

Enerezza(エネレッツァ)の特徴

蓄電容量を選べる

蓄電池の容量が5kWh・10kWh・15kWhと選ぶことが可能です。蓄電池の容量は5kWhでは心もとないので10kWhか15kWhから選ぶと良いです。

エネレッツァ性能一覧

型式EGSーLM0500
蓄電池ユニット1台
蓄電池
定格容量
5.0kWh
蓄電池
初期実効容量
4.0kWh
希望小売価格1,500,000円
型式EGSーLM1000
蓄電池ユニット2台
蓄電池
定格容量
10kWh
蓄電池
初期実効容量
8.0kWh
希望小売価格2,400,000円
型式EGSーLM1500
蓄電池ユニット3台
蓄電池
定格容量
15kWh
蓄電池
初期実効容量
12kWh
希望小売価格3,300,000円

あとから増設可能

2年以内に蓄電池の追加設置が可能です。

2年以内に増設する時点で蓄電池選びが失敗なので後悔がないようにしっかりと選びましょう。

停電の時は特定負荷

蓄電池は停電の時の電気のバックアップの違いで特定負荷と全負荷がありますが、『エネレッツァ』はあらかじめ決めたところだけ電気をバックアップする特定負荷の蓄電池です。

Enerezza(エネレッツァ)の注意点(デメリット)

停電時に200Vの電化製品は使えない

200V対応のIHクッキングヒーター・200Vエアコン

リビングの大きな馬力のエアコンやIHクッキングヒーターや電気給湯機のエコキュートなどの200Vで動くものは停電時は使えません。停電時に200Vの電化製品を使用したいのであれば200V対応の蓄電池を選択すべきです。

停電時に家全体をバックアップできない

停電時には、あらかじめ決めておいた特定の場所でしか電気は使えません。停電時に場所に制限なく電気を使用したいのであれば、全負荷型の蓄電池を選ぶと良いです。

【京セラ】エネレッツァまとめ

蓄電池はハイブリッドや全負荷が主流になりつつあります。単機能で特定負荷の蓄電池の『エネレッツァ』がそこまで優れているわけではないので、慎重に検討することをおすすめします。

太陽光発電やご家庭の消費電力のライフスタイルにあったご提案を業界プロがおこなっていますのでご利用ください。

全負荷で今どんな蓄電池が人気かこちらの記事で紹介していますので参考になさってください。

  • URL Copied!
目次
閉じる