カウントダウン3/31なくなり次第終了 東京都の補助金最大60万円 最短当日対応

太陽光発電の故障は火災保険で補償される?

太陽光発電の故障は保険が使える!?
火災保険は使っても保険料は変わりません
確認しないと損するかも
まずは無料でご相談を

目次

太陽光発電の寿命・機器交換(耐用年数)のめやす

太陽光の故障は修理したほうがいい?まずは太陽光発電の耐用年数はどのくらいでしょうか。

太陽光発電システムは、モジュール(太陽光パネル)とパワーコンディショナー(機器)等で構成されています。

パワーコンディショナーは、電子回路に故障がでることが多く、一般的に寿命は10年〜15年とされています。

一方モジュール(太陽光パネル)は比較的、寿命は長く20年以上となっています。

修理費用は痛いですが、上手にメンテナンスをすると長期にわたって活躍し光熱費削減などで恩恵が見込めるので、ちゃんと修理をして使用するのが賢い選択です。

太陽光発電の修理・機器交換工事の価格相場

故障の内容は、パワーコンディショナーの場合比較的安価で、太陽光パネルの交換を伴う工事については、費用が高くなるケースが多いです。

理由は足場代が別途かかるからです。足場は修理の作業場所や屋根の勾配などによって必要の有無や範囲などが変わるため現場の調査が必須です。

まずは故障の原因を調査して、修理方法を調べることが大切です。故障の内容によっては、メーカーの保険や家の火災保険などが使用できる場合もあるので、故障がわかったらすぐに調査の依頼をすることが大切です。

太陽光の故障箇所 修理費用のめやす
表示モニタの交換 約5万円〜8万円
パワーコンディショナーの交換 約25万円〜45万円
モジュール(太陽光パネル) 約50万円〜100万円

太陽光発電の保険とメーカー保証・補償の種類

太陽光発電の保証・保険は、太陽光のメーカーの保証・災害補償・家の火災保険があります。
メーカーの保証関係は一般的に「太陽光のメーカー保証(機器保証)」と「メーカーの災害補償」があり、保証期間は一般的に10年〜15年です。

太陽光発電の修理交換で火災保険はつかえる!?

メーカーの保証期間が切れたあとの故障の際に意外と見落としがちなのが、家の火災保険の活用です。火災保険は、経年劣化などによる故障では使用することはできませんが、台風や雷などで太陽光発電システムに故障が発生した時は活用できる可能性があります。

保険の申請のポイントは、故障が発生してから早めに故障箇所の確認や原因を調べることです。
火災保険の保険金の請求期限は一般的に3年です。時間が経過すると、自然災害による損害について調査することが困難になり、適正に保険金の支払いができなくなるからです。

主な太陽光発電の故障や症状と対応策

太陽光発電の故障内容は、パワーコンディショナーやパネルの不具合などがよくある故障の事象です。パワーコンディショナーの修理は、メーカー保証の場合はパワーコンディショナーの基盤交換が多く、メーカー保証が切れている場合には、年数が経っていることもあり、パワーコンディショナー本体をまるごと買い替えする場合が多いです。

太陽光のパネルの故障は、故障している場所と不具合があるパネルの枚数によって修理の対応策が変わります。故障しているパネルの枚数が少ない場合には、そのパネルを接続から離す処理をして、太陽光の発電のパフォーマンスを保つ方法があります。

あまり故障しているところが多いと、太陽光のシステムをまるごと買い替えするか、大規模の修理をおこなうか検討することになります。

あらたに太陽光発電を設置しおすと、高いイメージがありますが太陽光の設置費用が昔に比べ安くなっていることとメーカー保証が付くこともあり、対応策の選択のひとつです。ただし、再設置できないケースもあるためまずは、無料の現地調査を受けてみてください。

  • URL Copied!

この記事を書いた人

ソーラー・蓄電池通信では、蓄電池、太陽光でお悩みのみなさまへ、わかりやすく簡単に、お客様の立場になって問題解決をすることを目的に運営されております。

全国対応にて(全国ネットワーク)
蓄電池の適正価格や選定について適切なアドバイスをおこなっておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

目次
閉じる