電気代が高い?関西で安い電力会社・電力プランおすすめと対策【2022年】

大阪府・奈良県・兵庫県・和歌山県・滋賀県にお住まいの方向けにおすすめの電力会社と電力プランと太陽光発電システムと蓄電池の対策を紹介します。

電気代が高くてお困りなら、一戸建てなら、太陽光発電システム・蓄電池を設置することをおすすめします。

無料の太陽光発電のシミュレーションで、電気代がどれだけ安くなるか確認しましょう。

電気代が安くなる

電気料金は今後もまだまだ上がる見込みなので、太陽光発電や賢く料金プランを選んで、高い電気料金を払わないように注意しましょう。

結論から言うと、太陽光発電システムで自家発電し、蓄電池で電気の自給自足をする。

電力会社は関西電力の従量電灯Aにするのがおすすめです。

新電力で他に電力会社を変更しているご家庭は、違約金に注意してできるだけ早くに「関西電力の従量電灯A」にしましょう。

オール電化済みの住宅は、電気料金プランは変えず、太陽光発電で自家発電と蓄電池で賢く電気を利用しましょう。

電気代が安くなる

目次

おすすめの電力会社と対策

電力会社と電気料金プラン

関西エリア

関西電力従量電灯A

高い電気料金の対策

太陽光発電で自家発電する

蓄電池で蓄電する

太陽光発電を0円で設置できるプランは損します。自分で設置しましょう。

今すぐ無料で相談できます。

電力会社の経営状況

電力会社の業績は思わしくありません。

発電コストが上がっているためです。(為替・天然ガスの影響)

電力会社の経営状況

北海道電力営業利益640億円赤字の見通し
東北電力1,800億円の赤字の見通し
北陸電力過去最大70億円の赤字見通し
関西電力750億円の最終赤字の見通し
中国電力1,390億円の最終赤字の見通し
四国電力22億円の最終黒字の見通し
沖縄電力308億円の最終赤字の見通し

電気代の内訳

電気代で注意するべきは、燃料費調整額です。

電気料金は、電力量料金の1kWh○○円が注目されがちですが、他にも燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)があります。

電力会社一覧(関西エリア)

3段階の料金プランは電気を使うほど単価は高くなり、電力消費が少ない段階は安く電気を購入できます。

太陽光発電で発電すれば、無理に節電しなくても購入する電気量は少なくなります。

電力量料金を確認しましょう。

クリックできる目次

関西電力

大阪ガス

ループ電気

シン・エナジー

オクトパスエナジー

eo電気

関西電力 従量電灯A

最低料金 15kWhまで
341.01円
電気料金
1段階 20.31円 15kWh~120kWh
2段階 25.71円 120kWh~300kWh
3段階 28.70円 300kWh~

大阪ガス ベースプランA

基本料金 15kWhまで
285円
電気料金
1段階 20.31円 15kWh~120kWh
2段階 25.30円 120kWh~350kWh
3段階 28.12円 350kWh~

ループ電気 おうちプラン

基本料金
0円
電気料金
関西電力エリア 1kWh 25.5円

シン・エナジー きほんプラン

基本料金 15kWhまで
304.41円
電気料金
1段階 19.81円 15kWh~120kWh
2段階 23.83円 120kWh~300kWh
3段階 27.3円 300kWh~

オクトパスエナジー グリーンオクトパス

基本料金 15kWhまで
341.01円
電気料金
1段階 20.10円 15kWh~120kWh
2段階 23.70円 120kWh~300kWh
3段階 26.50円 300kWh~

eo電気 スタンダードプラン

基本料金
198円
電気料金
最初の15kWhまで 5.80円/1kWh
1段階 20.31円 15kWh~120kWh
2段階 25.22円 120kWh~300kWh
3段階 28.13円 300kWh~

燃料費調整額

燃料費調整額は燃料費調整単価に電気使用量を乗じて計算されます。

電力会社・電力プランにより燃料費調整単価は変わります。

燃料費調整制度

電気料金のコストのうち、燃料費は経済情勢(為替レートや原油価格等)の影響を大きく受けることから、電力会社の経営効率化の成果を明確にするため、燃料費の変動を迅速に電気料金に反映させる制度です。

関西電力

燃料費調整単価一覧

関西電力 従量電灯A
2.24円(10月)
大阪ガス ベースプランA
2.24円(9月)
10月より上限撤廃
ループ電気 おうちプラン
11.74円(10月)
シン・エナジー きほんプラン
7.47円(10月)
オクトパスエナジー グリーンオクトパス
7.47円(10月)
eo電気 スタンダードプラン
7.47円(10月)

燃料費調整額の上限がある従量電灯Aは2.24円なので圧倒的に安いです。

大阪ガスは10月から燃料費調整単価の上限が撤廃されるため、関西電力の従量電灯A一択になります。

再生可能エネルギー
発電促進賦課金

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は、年度ごとに国が全国一律で定めます。

2022年度の『再生可能エネルギー発電促進賦課金』は3.45円です。

2012年から15.68倍になり、来年以降も上がる見通しなので、まだ負担は増えます。

関西で安い電力会社・電力プランと対策【2022年】まとめ

おすすめの電気料金プラン

関西電力 従量電灯A

オール電化住宅は電気料金プランはそのままで

太陽光発電・蓄電池

電気料金を払い続けることを考えると、太陽光発電システムで自家発電・蓄電池で自家発電する方が電気料金が安くなります。

自家発電して電力会社から購入する電気の使用量が少なくなれば、『燃料費調整額』『再生可能エネルギー発電促進賦課金』『電力単価』が少なくなり電気料金が安くなります。

太陽光発電・蓄電池を0円で設置できるプランは損します。自分で設置しましょう。

現在太陽光発電だけを設置しているなら、高い電気料金を払い続けるより蓄電池を設置することをおすすめします。

無料シミュレーション

  • URL Copied!
目次
閉じる