太陽光発電におすすめの電力会社・料金プランはこれで決まり

太陽光発電システムを設置しているのに電気料金が高いのはなぜ?

それはもしかすると、電気の料金プランがあなたのご家庭に合っていないかも知れません。

この記事では、色々な安い電気料金を紹介してきましたが、原油価格・天然ガスなどのコスト上昇により各社電気料金の値上げが発表されたり、新電力の事業終了などがあり、現在おすすめできる電気料金プランがありません。

経営基盤が安定した大手の電力会社のプランをおすすめします。

電力単価を気にするより『燃料調整額』の影響が大きいです。

関西電力エリア・関東エリアは、こちらの記事でご確認ください。

燃料調整額・為替・原油価格などの市況が落ち着きましたら色々な電気料金プランを紹介します。

2022年9月、電気料金の負担が大きくなっています。

太陽光発電を設置しているなら、蓄電池で電気の自給自足をおすすめします。

地域・タイミングで補助金が使える場合もありますので、まずは無料で相談してください。

アドバイザー

【全国対応・完全無料】
業界歴15年・販売店・
電気工事士のプロがお客様目線のサポートをしています。

\ 蓄電池で電気をムダにしない/

目次

電気代は一生払い続けるもの

電気料金

太陽光発電のあるご家庭は、太陽光発電システムで電気を発電するため、一般的に電気料金を安く抑えることができます。

でも発電していても電気料金が高いと感じているご家庭が意外と多いです。

電気代が高い理由は、二世帯住宅やペットがいて電気の消費電力が多くなっている場合や、お昼は不在で、太陽光発電の発電が終わってから電気を多く使用している場合があります。

電気代は、毎月毎月、数千円〜数万円、一生払い続けるもの、トータルすると、なん百万もの大きなお金を支払っています。

できることなら、見直したいですよね。

\ 蓄電池で電気をムダにしない/

電気代を安くする3つの方法

電気の使用量を下げる(使い方を見直す)

当たり前の話ですが、電気代を下げたいなら、まずは電気を使わないことです。気をつけるのは、消費電力が高い電化製品です。ではどんな電化製品の使用を気をつければ良いのでしょうか。

ドラム式洗濯機・オイルヒーター・古いエアコン・古い冷蔵庫・電気ストーブ・ホットカーペットなど

冬に使用する電化製品が多いですが、夏は太陽光発電の電気を使うので電気代が気になるのは冬という方が多いです。

電気を買わない(蓄電池で自給自足)

現在、国際情勢の変化によってエネルギー資源価格が高騰を続けています。

太陽光発電を設置しているなら、蓄電池を検討することを強くおすすめします。

自家発電した電気を自給自足できれば、電気料金の値上げの影響も少なくなりますし、もしもの災害にも安心です。

補助金制度も活用できる場合もありますので、まずは無料でご相談ください。

\ 蓄電池で電気をムダにしない/

電気の単価を下げる(電力会社の見直し)

電気料金の見直しによって、大きく電気料金が値上がりしている状況のため、電気の単価を下げることは難しい状況です。

2022.5 現在、国際情勢の変化によってエネルギー資源価格が高騰を続けています。

小売電気業界では事業撤退や新規お申込停止、大幅な値上など異常事態が続いております。この事態は長期化する可能性が高いため、今後も更に大きな変化が予想されます。

各電力会社の電気料金の見直しがおこなわれており、電力会社各種プランの良し悪しを判断することができません。

事態が落ち着きましたら随時おすすめの電力プランを紹介させていただきます。

おすすめの電力会社と料金プラン

現在おすすめの電力会社はありません。

下記は過去に紹介・おすすめした電力会社・プランです。

現在のおすすめの電力会社は大手資本で安定経営ができている電力会社です。

2022.5 現在、国際情勢の変化によってエネルギー資源価格が高騰を続けています。

小売電気業界では事業撤退や新規お申込停止、大幅な値上など異常事態が続いております。この事態は長期化する可能性が高いため、今後も更に大きな変化が予想されます。

各電力会社の電気料金の見直しがおこなわれており、電力会社各種プランの良し悪しを判断することができません。

事態が落ち着きましたら随時おすすめの電力プランを紹介させていただきます。

サステナブルでんき

現在おすすめの電力会社はありません。

現在のおすすめの電力会社は大手資本で安定経営ができている電力会社です。

2022年7月分から電気料金改定

下記は改定前の料金単価です。

北海道エリア 

サステナブルでんきB

基本料金0円

〜120kWh28円
121~280kWh28円
281kWh~27.8円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

北海道電力 従量電灯B 基本料金 

40A1,364円
50A1,705円
60A2,046円
北海道電力 従量電灯B 基本料金
〜120kWh23.97円
121~280kWh30.26円
281kWh~33.98円
北海道電力 従量電灯B 電気料金/1kWh

東北エリア 

サステナブルでんきB  

基本料金0円

〜120kWh25円
121~300kWh24.8円
301kWh~24円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

東北電力 従量電灯B 基本料金 

40A1,320円
50A1,650円
60A1,980円
東北電力 従量電灯B 基本料金
〜120kWh18.58円
121~300kWh25.33円
301kWh~29.28円
東北電力 従量電灯B 電気料金/1kWh

東京エリア 

サステナブルでんきB

基本料金0円

〜120kWh24円
121~300kWh24円
301kWh~24円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

東京電力 従量電灯B 基本料金 

30A858円
40A1,144円
50A1,430円
60A1,716円
東京電力 従量電灯B 基本料金
〜120kWh19.88円
121~300kWh26.48円
301kWh~30.57円
東京電力 従量電灯B 電気料金/1kWh

北陸エリア 

サステナブルでんきB

基本料金0円

〜120kWh21円
121~300kWh20円
301kWh~19円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

北陸電力 従量電灯B 基本料金 

40A968円
50A1,210円
60A1,452円
北陸電力 従量電灯B 基本料金
〜120kWh17.84円
121~300kWh21.73円
301kWh~23.44円
北陸電力 従量電灯B 電気料金/1kWh

中部エリア 

サステナブルでんきB

基本料金0円

〜120kWh25.75円
121~300kWh25円
301kWh~23円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

中部電力 従量電灯B 基本料金 

40A1,144円
50A1,430円
60A1,716円
中部電力 従量電灯B 基本料金
〜120kWh21.04円
121~300kWh25.51円
301kWh~28.46円
中部電力 従量電灯B 電気料金/1kWh

関西エリア 

サステナブルでんきB

基本料金0円

〜120kWh21.5円
121~300kWh20.5円
301kWh~18.5円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

関西電力 従量電灯A 基本料金 

基本料金341.01円
関西電力 従量電灯A 基本料金
〜120kWh20.31円
121~300kWh25.71円
301kWh~28.7円
関西電力 従量電灯A 電気料金/1kWh

中国エリア 

サステナブルでんきB

基本料金0円

〜120kWh22.9円
121~300kWh21円
301kWh~20円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

中国電力 従量電灯A 基本料金 

基本料金336.87円
中国電力 従量電灯A 基本料金
〜120kWh20.76円
121~300kWh27.44円
301kWh~29.56円
中国電力 従量電灯A 電気料金/1kWh

四国エリア 

サステナブルでんきB

基本料金0円

〜120kWh24円
121~300kWh22円
301kWh~22円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

四国電力 従量電灯A 基本料金 

基本料金411.4円
四国電力 従量電灯A 基本料金
〜120kWh20.37円
121~300kWh26.99円
301kWh~30.5円
四国電力 従量電灯A 電気料金/1kWh

九州エリア 

サステナブルでんきB

基本料金0円

〜120kWh21.5円
121~300kWh21.5円
301kWh~21.5円
サステナブルでんきB 電気料金/1kWh

九州電力 従量電灯B 基本料金 

30A891円
40A1,188円
50A1,485円
60A1,782円
九州電力 従量電灯B 基本料金
〜120kWh17.46円
121~300kWh23.06円
301kWh~26.06円
九州電力 従量電灯B 電気料金/1kWh

0円でんき

現在おすすめの電力会社はありません。

現在のおすすめの電力会社は大手資本で安定経営ができている電力会社です。

0円でんき(基本料金0円)

東京電力26.3円(税込) / kWh
中部電力26.3円(税込) / kWh
北陸電力21.2円(税込) / kWh
関西電力22.3円(税込) / kWh
中国電力24.3円(税込) / kWh
四国電力24.3円(税込) / kWh
九州電力23.3円(税込) / kWh

太陽光発電にはオール電化がおすすめ

オール電化向けの料金プランは、お昼間の電気料金単価が高く、夜間、電気給湯器を動かす時間帯は安い設定になっており、お昼に自家発電する太陽光発電との相性がぴったりです。

オール電化向けの料金プラン

東京電力エナジーパートナー スマートライフプラン

午前6時〜午前1時 25.8円

午前1時〜午前6時 17.78円

関西電力 はぴeタイム(プラン)

平日午前10時〜午後5時 夏季34.95円

その他季午前10時〜午後5時 夏季31.77円

午後11時〜午前7時 10.70円

【注意】オール電化向け電気料金プランは解約・変更は要注意

オール電化向けプランは、一度解約すると二度と同じ契約が新規で入れないものも、数多くありますのでオール電化の場合は電気の契約は変更しない方が良いです。

太陽光発電におすすめの電力会社・電力プランまとめ

電気料金の見直しによって、大きく電気料金が値上がりしている状況のため、電気の単価を下げることは難しい状況です。

2022.5 現在、国際情勢の変化によってエネルギー資源価格が高騰を続けています。

小売電気業界では事業撤退や新規お申込停止、大幅な値上など異常事態が続いております。この事態は長期化する可能性が高いため、今後も更に大きな変化が予想されます。

各電力会社の電気料金の見直しがおこなわれており、電力会社各種プランの良し悪しを判断することができません。

事態が落ち着きましたら随時おすすめの電力プランを紹介させていただきます。

発電と蓄電で高い電気代にサヨナラ

補助金で電気の自給自足をおすすめします。

太陽光発電があれば、あとは蓄電池だけ。

今から太陽光発電を考えるなら、売電も安く電気単価が高いので蓄電池は必須です。

特に東京都は最大60万円の補助金があり活用しないと損です、また他の地域も補助が活用できるケースがあります。

すぐに見直して生涯光熱費を下げましょう。


\ 蓄電池で電気をムダにしない/

  • URL Copied!
目次
閉じる