太陽光発電におすすめの電力会社・料金プランはこれで決まり

太陽光発電システムを設置しているのに電気料金が高いのはなぜ?

それはもしかすると、電気の料金プランがあなたのご家庭に合っていないかも知れません。

この記事では、太陽光発電があるご家庭にあった電力プラン選びのポイントを説明します。上手に電力プランを選んで賢く電気代を安く抑えましょう。

目次

電気代は一生払い続けるもの

電気料金

太陽光発電のあるご家庭は、太陽光発電システムで電気を創ることができるため、一般的に電気料金を安く抑えることができますが中には、電気料金が高いと感じているご家庭も意外と多いです。

電気代が高い理由は、二世帯住宅やペットがいて電気の消費電力が多くなっている、お昼は働きに出ていて、太陽光発電の発電が終わってから電気を多く使用している場合があります。

電気代は、毎月毎月、数千円〜数万円、一生払い続けるもの、トータルすると、なん百万もの大きなお金を支払っています。

電気代を安くする3つの方法

電気の使用量を下げる(電気の使い方を見直す)

当たり前の話ですが、電気代を下げたいなら、まずは電気を使わないことです。気をつけるのは、消費電力が高い電化製品です。ではどんな電化製品の使用を気をつければ良いのでしょうか。

ドラム式洗濯機・オイルヒーター・古いエアコン・古い冷蔵庫・電気ストーブ・ホットカーペットなど

冬に使用する電化製品が多いですが、夏は太陽光発電の電気を使うので電気代が気になるのは冬という方が多いです。

夜・雨の時にも太陽光発電を活用する(蓄電池で電気の自給自足をめざす)

太陽光発電でつくった電気を、お昼だけじゃなく、夜も雨の日も活用する。

設置に費用はかかりますが、必要な時に電気を自由に使用ことができ、災害時の停電の備えにもなります。設置に費用はかかりますが、「補助金制度」「電気代の削減効果」「太陽光発電のパワーコンディショナーの交換費用」を設置効果として考え、設置する方は年々増えています。

電気の単価を下げる(電力会社の見直し)

一番手軽なのが、電力会社や電気料金プランの変更になります。ただし、関西電力エリアのはぴeプランやはぴeタイムなどは、一度やめてしまうと新規の申込みができない料金プランなので、そのままにしておくことをおすすめします。

それでは、おすすめの電力会社と料金プランを解説していきます。

おすすめの電力会社と料金プラン

電力の自由化で電力会社を自由に選べるようになりましたが、どの会社を選んだら良いか、不安だし、わからないからそのままって人も多いと思いますが、今からご紹介する『シン・エナジー』『Looop』は実際私が電気の契約をしてみて良かった電気料金プランで、万人受けする内容になっているので、検討して切替えをすることをおすすめします。

【おすすめの電気料金プラン】シン・エナジー『夜生活フィットプラン』

シン・エナジーは、使用電力量によって、電気の単価が変わる『きほんプラン』(時間帯で単価は変わらない)お昼間に電気代が安くなる『【昼】生活フィットプラン』と夜安くなる『【夜】生活フィットプラン』がありますが、

『【夜】生活フィットプラン』が太陽光発電を設置しているご家庭におすすめです。

理由は、太陽光発電が発電しない時間帯の電気の単価が安く、自家発電でまかなうお昼は少しだけ割高な電気の単価になっています。

太陽光発電があるご家庭は、変えないともったいないので、公式サイトで内容を確認して申し込んでください。

公式サイト

【シン・エナジー】お申込みはこちら

基本料金304.41円
デイタイム
平日9時〜18時
27.38円
ライフタイム
平日8時〜9時
および18時〜22時
休日扱い日の
8時〜22時
21.85円
ナイトタイム
毎日
22時〜8時
18.03円
関西電力エリア
基本料金【30A】471.90円
【40A】629.20円
【50A】786.50円
【60A】943.80円
デイタイム
平日9時〜18時
33.05円
ライフタイム
平日8時〜9時
および18時〜22時
休日扱い日の
8時〜22時
26.09円
ナイトタイム
毎日
22時〜8時
17.98円
東京電力エリア

シン・エナジー【夜】生活フィットプラン”]※デイタイムは平日9時~18時までといたします。
※ライフタイムは平日8時~9時および18時~22時、休日扱い日の8時~22時までといたします。
※ナイトタイムは毎日22時~翌日8時までといたします。
※休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、
1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日をいいます。
※使用電力量が0kWhの場合は基本料金の半額をお支払いただきます。


【おすすめの電気料金プラン】Looopでんき『おうちプラン』

電気代は安くしたいけど、複雑な料金を考えるのが嫌な方はシンプルで分かりやすくてお得な『おうちプラン』をおすすめします。

Looopでんきは、契約料金/基本料金/解約手数料すべて0円です。

詳しくは公式サイトで

【基本料金0円の【Looopでんき】】

おうちプラン(基本料金0円)

北海道電力29.5円(税込) / kWh
東北電力26.4円(税込) / kWh
東京電力26.4円(税込) / kWh
中部電力26.4円(税込) / kWh
北陸電力21.3円(税込) / kWh
関西電力22.4円(税込) / kWh
中国電力24.4円(税込) / kWh
四国電力24.4円(税込) / kWh
九州電力23.4円(税込) / kWh
沖縄電力27.0円(税込) / kWh

太陽光発電にはオール電化がおすすめ

オール電化向けの料金プランは、お昼間の電気料金単価が高く、夜間、電気給湯器を動かす時間帯は安い設定になっており、お昼に自家発電する太陽光発電との相性がぴったりです。

オール電化向けの料金プラン

東京電力エナジーパートナー スマートライフプラン

午前6時〜午前1時 25.8円

午前1時〜午前6時 17.78円

関西電力 はぴeタイム(プラン)

平日午前10時〜午後5時 夏季34.95円

その他季午前10時〜午後5時 夏季31.77円

午後11時〜午前7時 10.70円

【注意】オール電化向け電気料金プランは解約・変更しないこと

オール電化向けプランは、一度解約すると二度と同じ契約が新規で入れないものも、数多くありますのでオール電化の場合は電気の契約は変更しない方が良いです。

太陽光発電におすすめの電力会社・電力プランまとめ

電力会社を変更するのは、最初は大変に思うかも知れませんが、すごく簡単にできます。

電気代は、一生払い続けるもの。できることなら、安くてご家庭にあったプランに変えた方がお得です。

1ヶ月の金額は少しかもしれませんが、5年、10年と積み重なると大きな金額になります。

太陽光発電やオール電化に興味のある方は無料でシミュレーションと見積もりをおこなっていますのでお問い合わせください。

太陽光発電が設置から10年ぐらいの方は、売電価格が下がる前に蓄電池を検討しましょう。補助金ですごくお得なプランができますよ。

  • URL Copied!
目次
閉じる