2021年日立エコキュート 『ナイアガラ出湯』【水道直圧給湯】フルオート 価格相場・機種の選び方

日立エコキュート【水道直圧給湯】フルオートは、『ナイアガラ出湯』と『ナイアガラタフネス』があります。

今回ご紹介する『ナイアガラ出湯』は、水道直圧給湯のたっぷりのお湯と快泡浴の機能などを搭載した上位グレードの日立のエコキュートです。

この記事では、日立エコキュート『ナイアガラ出湯』のおすすめポイント、他の機種との違いを紹介しますので、エコキュート選ぶ際の参考にしてください。

目次

日立エコキュート
『ナイアガラ出湯』型式

一般地仕様が高効率機種と標準の2種類と寒冷地仕様が用意されています。

大家族でたくさんお湯を使える560Lのタンク容量を選びたいなら、高効率には560Lの製品がないため、『ナイアガラ出湯』標準の一般仕様から選びましょう。

エコキュートの設置する敷地が狭い場合で、薄型エコキュートを検討する場合には、『ナイアガラ出湯』の薄型機種は無いので、下位グレードのフルオートから選ぶことになります。

一般地仕様(-10℃対応)高効率

タンク容量価格(税込)
BHP-
FV46SD
460L
4~6人用
1,206,700円
BHP-
FV37SD
370L
3~5人用
1,118,700円

一般地仕様(-10℃対応)

タンク容量価格(税込)
BHP-
F56SD
560L
5~7人用
1,165,000円
BHP-
F46SD
460L
4~6人用
1,050,500円
BHP-
F37SD
370L
3~5人用
962,500円

寒冷地仕様(-25℃対応)

タンク容量価格(税込)
BHP-
F46SDK
460L
4~6人用
1,094,500円
BHP-
F37SDK
370L
3~5人用
1,006,500円

日立エコキュート
ナイアガラ出湯・タフネスの選び方のポイントは水の硬度

硬水は、マグネシウムとカルシウムが1リットル中に何ミリグラム入っているかが基準で、WHO(世界保健機関)では、120ミリグラム以上を硬水、それ以下を軟水としている。

『ナイアガラ出湯』
特徴・おすすめ機能

快泡浴 一般地仕様【高効率】限定

はじける気泡で身体がよく温まり、湯冷め知らずです。

冷えが気になる方にオススメの機能です。

日立調べ 日立から引用

高速湯はり

一般地仕様の高効率は、2分短縮した7分30秒で湯はりが可能です。

標準の一般地仕様でも9分30秒の高速湯はりができますが、少しでも早く湯はりがしたい方は一般地仕様【高効率】のエコキュートを選びましょう。

湯はり一般地仕様
高効率
一般地仕様
標準
高速
湯はり
7分30秒9分30秒
標準
湯はり
12分12分

『水道直圧給湯』シャワーの水圧がスゴイ

日立エコキュートの一番のおすすめポイントは『水道直圧給湯』です。

プレート式給湯熱交換器で給水された水を瞬間的に沸かすので、高い水圧で利用できます。(ふろ湯はり・たし湯を除く)

絶対おすすめ・スゴイ機能

日立より引用

『ウレタンク』
貯湯タンクの断熱性がスゴイ

エコキュートの貯湯タンクの断熱性能が高いことはとても大切です。

基本的な性能ですが、貯湯タンクの断熱性能が高くお湯が冷めにくければ省エネになりますので、光熱費の削減につながります。

日立より引用

『ステンレス自動洗浄システム』
配管の汚れに強い

ふろ追いだき配管をステンレスにすることで、従来の銅配管と比較して腐食に強く、配管内を清潔な状態に保ちます。

日立調べ 日立より引用

日立エコキュート
『ナイアガラ出湯』まとめ

『ナイアガラ出湯』の一般地仕様は、高効率と標準タイプがあり、高効率は省エネで、お風呂で気泡で温まる『快泡浴』の機能を使いたい方にオススメです。

エコキュートは三菱のイメージが強かったのですが、日立エコキュートも独自の技術が素晴らしいです。特に『水道直圧給湯』がおすすめ、もっと素敵なネーミングにすればいいのに・・。

気になったのは、ネーミングだけです、もっとオシャレな名前にすると、日立のファン増えるんじゃないかなぁ。

『ナイアガラ』とか『水道直圧』とか『ステンレス自動洗浄』とか『ウレタンク』とか、もっと女性を意識したネーミングにするだけで、日立エコキュートの良さがもっと世の中に伝わると思います。

参考になりましたでしょうか?エコキュートや蓄電池を検討する時にはお気軽にご相談よろしくお願いします。

地域最安と機種選びをプロがサポート

  • URL Copied!
目次
閉じる