大半の蓄電池は買うべきではないから、蓄電池でおすすめできるものが出てきました

今、大半の蓄電池は買うべきではない!?から、蓄電池でおすすめできるものがでてきました。

結論から言わせていただくと、太陽光を設置しているご家庭は必ず今一度蓄電池は検討すべきである。

ただし、ソーラー蓄電池通信にご相談下さい。

2020年3月の最新情報で若干内容を編集させていただきます。

蓄電池を相談する

蓄電池の適正価格の確認は必ずするべき

ソーラー蓄電池通信に聞いてねって言ってるのに、蓄電池の工事が終わった後にお問い合わせをいただく事って意外とあるんです。

お問い合わせの適正価格を確認すると、案の定50万円〜80万円位高いんです。契約前だといいのですが工事も終わっちゃってると、なんでもう少し前に情報をお届け出来なかったんだろうと自分の力のなさを感じるんです。

蓄電池どのメーカーで検討すべきか

基本は太陽光のメーカーと合わせる事。ただし三菱電機や海外メーカーの場合は設置状況を確認した上で慎重に検討する必要があるでしょう。パネルと蓄電池との相性が悪い場合などもあるようですので、ソーラー・蓄電池通信までお問い合わせください。

蓄電池は当たり前になりつつあるが・・

最近の傾向は、自社が販売に力を入れている蓄電池の知識は増えつつあるが、他社の蓄電池も含んだ知識は乏しい傾向にある。蓄電池の販売価格の差が大きい傾向にある、特に訪問販売で強く押されて十分検討できていない方はお気軽にお問い合わせください。自分で調べると半年以上かかる知識が、プロに問い合わせると30秒で解決できる事もありますよ。

どうする?蓄電池

電気代いくら払っていますか?あまり電気代が安い方は蓄電池を設置する必要はないです。太陽光発電システムを設置済みで、電気代が5,000円以下の方は、電力会社から購入している電気が少ないため蓄電池を設置してもメリットが少ないです。

今から太陽光発電システムを検討する人は、売電の価格(固定買い取り)が10年で大幅に下がるので、太陽光と蓄電池をセットで考えるべきです。ただし金額がわかりにくいため、見積もりのチェックでお問い合わせください。

災害が急増中

日本全国、地震や台風などの災害被害が急増中です。災害に強い家にする目的でも蓄電池を検討する家が増えております。色んな種類の蓄電池がありますので検討の際にはお気軽にお問い合わせください。

蓄電池知らないプロが多すぎる!?

「蓄電池をお探しですか?」
「どの蓄電池がお好みですか?」
シャープ、パナソニック、オムロン、京セラ、長州産業、東芝、フォーアールエナジー、スマートスターエル、looopでんち・・・

この中から各メーカーの複数製品の性能を確認していくわけなので、更に多くの選択肢の中からあなた家にピッタリの蓄電池を探すわけなので、大変な労力がかかるわけです。
しかも、蓄電池の大半は選択肢から除くべきものであり、販売担当者に聞いても十分な蓄電池の知識を持ち合わせていないうえ、挙句の果てに、「蓄電池はまだ早いですよ」と頼りにならない答えが返ってくるのだから困ったものである。

蓄電池の知識が乏しい営業マンの必ずでるセリフ
「まだ高いですよ」「もう少し様子をみたらどうですか?」

おそらく販売担当者の10%も全てのメーカーに対しての蓄電池の知識は持ち合わせていないではないでしょうか?(実際私も販売商品以外ほとんど知らなかったです)
自社の販売製品ラインナップの蓄電池の知識ですら、不十分な会社や販売担当者も多いと思います。

たいていの販売担当者は見積もり作成、見積もり出しがメインの仕事なわけです。

では自分で蓄電池の情報収集をすべきなのか?
もちろん自分で情報が収集できれば問題ないですが、インターネットの情報の鮮度の判断や性能比較のポイントが難しいと思います。
また全ての家におすすめできる蓄電池は無いです、それぞれの家のエネルギーの使用状況が異なり、太陽光発電システムの設置状況も違うためです。

蓄電池の情報は、古い情報が多かったり、情報が偏っていたりあまり役立ちそうな旬な情報はありません


おすすめできる蓄電池はあるけど・・

おすすめできる蓄電池が出てきたとはいえ、実は半分位の蓄電池はおすすめできません。

おすすめできる蓄電池も全ての人におすすめできる訳ではありませんので、あなたの太陽光に設置状況を教えていただくとピッタリなご提案ができますのでお気軽にお問い合わせください。

地域最安価格とおすすめを蓄電池のプロに相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です